2013年

12月

01日

すぐ仲良くなれる子どもパペット

子ども役のパペットは子どもと同じ目線で子ども達と意思疎通する事ができます。これはパペットの特権ですね。怒ったり、喜んだり、疑問を持ったり、小さな事に感動したり、メルヘンを信じたり。また、間違った言葉を使ったり、言い間違えたりできるのも子どもパペットならでは。

 

このように、子どもに見られる典型的な行動形態、夢、情熱を投影するのに最適なのが子どもパペットです。子どもパペットの魔法にかかればお父さん、お母さんも、子どもと「対等に」会話が出来てしまいます。

 

さて、子どもパペットには女の子と男の子があります。子ども達はパペットに自分と同化して遊ぶことを考えると、通常、女の子には女の子パペット、男の子には男の子パペットが向いているといえます。