2014年

1月

18日

物語〜ストーリーをつくろう

子どもたちがパペットを手にすると、自然に物語を紡ぎはじめ、人形劇が始まります。

子どもはすぐに話し始めます。オリジナルな展開やセリフを考えます。ときには、大人が興味深いテーマを提供してもいいでしょう。

 

単なるお伽話ではなく、現代的なトピックを提供してみると、子どもたちは想像力を働かせて、エンディングを考えることもあります。エンディングを考えた子どもをほめてあげましょう。

上手い下手ではなく、まず楽しむこと。親子で一緒に充実した時間を持つことがとても大切です。